ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2020.9.19[チーム]

2020明治安田生命J1 第17節 ○1-0札幌@札幌厚別

一つ後のニュース

今季のJ1リーグも折り返しとなる17節の対戦相手は札幌。前節は湘南を相手に15本のシュートを放ちながらも得点を奪うことができず黒星を喫したガンバにとって、いかに決定機をモノにするかが課題となる今日の試合。この試合で宮本監督は4バックへのシステム変更を決断。前節から先発を3人入れ替え、DFキム ヨングォンと藤春、そしてFWアデミウソンがスタメンに名を連ねた。会場となる札幌厚別公園競技場には2,749人の観客が駆けつけ、試合は14:03にキックオフを迎えた。

キックオフから1分、右サイドでCKを得るとキッカー宇佐美が蹴ったボールに三浦が頭で合わせる。このシュートはわずかにゴールの枠上に外れるが、この試合のファーストシュートを放ったガンバが勢い良く試合に入る。しかしその後は徐々に札幌がボールを握る展開に。宇佐美とアデミウソンの両FWになかな効果的なボールが入らず攻め手を欠くガンバだが守備では集中した守りで札幌に決定的な場面をつくらせることなく締まった展開に。ボールを保持する時間は決して長くないが効率よく攻めるガンバは27分、細かくパスを繋ぎ左サイドを突破した倉田がマイナスのパスを入れると最後は小野瀬がシュートを放つが枠を捉えることはできない。33分には宇佐美とのコンビネーションで右サイドを突破した小野瀬のクロスに、再びゴール前で宇佐美が頭で合わせる。これもわずかに外れゴールを奪うことはできないものの小野瀬を中心にチャンスを生み出す。しかし得点を奪うことはできずにそのままスコアレスで前半終了。

両チーム選手交代はなく後半開始。後半最初にチャンスをつくり出したのは札幌。50分、菅に抜け出されシュートを放たれるがこれはゴールマウスの右に外れ難を逃れる。56分には今度はガンバにチャンス。小野瀬のパスに反応した宇佐美が右足を振り抜くが、これは札幌DF・キム ミンテのブロックに遭いゴールとはならず。拮抗した展開の中、63分に両チームこの日最初の選手交代。札幌・ペトロヴィッチ監督は駒井、高嶺、ジェイを下げアンデルソン ロペス、宮澤、ドウグラス オリヴェイラの3人を同時に投入。対するガンバ・宮本監督もアデミウソンを下げてパトリックを投入し、FW同士のスイッチで得点を奪いにいく。ここからギアを上げて攻めに出たいガンバだったが71分にアクシデントが襲う。キャプテン・三浦が右足を痛めプレー続行不可能に。これを受けて、72分に三浦を下げて昌子がピッチに。また同時に山本と宇佐美に代わり遠藤と渡邉も投入され、結果的に3枚替えのようなかたちに。すると直後の78分、相手CKを凌いだ後のカウンターからガンバにチャンス。クリアボールを倉田、遠藤、髙尾と繋ぎ、ドリブルで運んだ髙尾から左サイドを駆け上がった藤春へスルーパスを送る。これを受けた藤春がダイレクトで上げたクロスに渡邉が頭で合わせると一度は相手GK菅野に弾かれるもののポストに当たり跳ね返ったボールを再び押し込みゴール!終盤にゲームが動き、渡邉のJ1通算97ゴール目でガンバが一歩前へ。82分には札幌が菅に代えて白井を入れてくるが、ガンバも89分に福田を投入し対応。残り時間が短くになるにつれ、札幌の攻撃を受けるかたちになるが、最後まで集中して守り抜いたガンバがそのまま逃げきりクリーンシートで3試合ぶりの勝利。敵地で大きな勝点3を獲得した。