ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.12.23[チーム]

Powered by GAMBAplus

[ 連載 ]WE ARE GAMBA OSAKA(全20回予定)VOL20 FW唐山翔自

一つ後のニュース

ガンバのエンブレムを初めてその胸につけたのは幼稚園生の時。兄の影響で加入したガンバのサッカースクールがきっかけだ。その後、小学4年生時にガンバジュニアの一員となってからはユースチームまでアカデミーに所属。二種登録選手となった今シーズンは、高校2年生ながらJ3リーグ10試合に出場し、Jリーグ史上最年少でのハットトリックを含む8得点を挙げた。
「小学1年生の時、年に1回、トップチームの選手と触れ合えるイベントで、遠藤(保仁)選手を始めとするプロ選手を初めて近くで見て、めちゃめちゃテンションが上がりました。小学6年生の時には同イベントで宇佐美(貴史)選手と1対1をさせてもらい、巧すぎて全く歯が立たなかったけど、めちゃファンになりました」

ただ、ガンバに対する第一印象は『弱いチーム』だったと笑う。初めて観戦した試合で大敗するのを目の当たりにしたからだ。
「清水エスパルス戦で岡崎慎司選手(SDウエスカ)にも決められて1-4で負けたので、めちゃめちゃ弱いやん! と(笑)。そしたら、以降の試合はほぼ負けなしで…実は強かったんだと気づきました」

憧れた選手は数多い。先に名前が挙がった遠藤や宇佐美をはじめ、イ・グノやファン・ウィジョなど。自身と同じFWを主戦場とするストライカーが前線で躍動する姿に何度も心を踊らせた。
「チームがどんなに押し込まれている状況でも、いきなり一人で点を取っちゃうストライカーを見て、僕もそういうプロサッカー選手になりたい!と思うようになりました」

そんな風にプロを志す上で、今シーズン、J3リーグでプレーした経験は『自分の今』を知るきっかけになったと振り返る。
「相手はプロ選手がほとんどで、ユース選手と比べてもフィジカル面はすごく強かったけど、それを体感できたことで、感覚だけでプレーしていたところに『考える』ことが備わった気がします。例えば、ユース時代はゴール前に抜け出せていたシーンでも、J3リーグでは動き出す前に相手に読まれてDFラインを上げられてオフサイドになるとか、相手にブロックを組まれてなかなかこじ開けられないとか。そういう経験をして、ポジショニングを工夫したり競り方を考えることもすごく増えた。それでもまだまだ課題はたくさんありますが、引かれた相手を崩せないようではガンバのFWは務まらないと思っているので。どのカテゴリーにいる時も相手に引かれて守られる経験はしてきたし、それでも点を取るのがガンバのFWの使命だと思ってやってきたからこそ、そこはこれからも自分に求めていきたいです」

加えて唐山が目指すのは『人の気持ちを動かせる選手になること』。来シーズンからのトップ昇格を前に、改めてその決意を口にする。
「子供の時からずっとガンバの試合を観てきて、いつか自分もJ1リーグで点を決めてやると思ってサッカーをやってきました。その中でたくさんの人が本気になってガンバを応援し、喜んだり、時にはブーイングをしている姿を見て、そんな風に人を本気にさせる仕事ってすごい名誉なことだと感じました。だからこそ、僕も人の気持ちを動かせるような選手になりたい。僕が子供の頃にたくさんのガンバの選手に憧れたように、今度は僕が憧れてもらえる存在になれるように頑張りたいです」

自分の夢に向かって大きく羽ばたけるようにとの願いが込められた『翔自』という名前の通り、唐山は来シーズン、覚悟を胸にその一歩を踏み出す。


Interview and text by Misa Takamura

Back Number
VOL19 監督 宮本恒靖
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/10598/

VOL18 ユース監督 島田貴裕
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/10574/

VOL17 GK谷晃生
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/10535/

VOL16 ガンバ大阪OB/一般社団法人JDFA代表理事 木場昌雄
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/10472/

VOL15 GK田尻健
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/10328/

VOL14 MF福田湧矢
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/10253/

VOL13 コーチ/U-23監督 森下仁志
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/10164/

VOL12 ホームタウン推進担当 主任 河合直輝
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/10006

VOL11 FW宇佐美貴史
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9935/

VOL10 MF倉田秋
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9783/

VOL9 FW食野亮太郎
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9667/

VOL8 アカデミー ヘッドオブコーチング 鴨川幸司
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9564/

VOL7 DFキム ヨングォン
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9486/

VOL6 スタジアムDJ 仙石幸一
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9428/

VOL5 MF高宇洋
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9363/

VOL4 GK東口順昭
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9328/

VOL3 マネージャー 橋本篤
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9248/

VOL2 DF藤春廣輝
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9151/

VOL1 DF三浦弦太
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9091/