ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2020.2.16[チーム]

2020YBCルヴァンカップ グループステージ 第1節 ●0-1柏@パナスタ

一つ後のニュース

2020シーズンの初戦はルヴァンカップからスタート。
初戦の相手は強力なアタッカー陣を擁し昨シーズンのJ2リーグで優勝、再びJ1の舞台へ戻ってきた難敵柏レイソル。

この一戦のスターティングメンバーに宮本監督は新加入の新里亮を3バックの一角に、FWには宇佐美と小野瀬の2トップを送り出す。
対する柏はクリスティアーノやオルンガらがスタメンに名を連ね、ガンバから今季より完全移籍となった呉屋がベンチに控える陣容。

新たなシーズンの到来を告げるホイッスルが吹かれ15:03キックオフ。

試合はキックオフ直後にピンチを迎える。
1分、柏FWクリスティアーノに決定的なシュートを放たれるも枠外に外れ難を逃れる。

12分、今度はガンバにチャンス。
藤春がスルーパスに抜け出しGKと1対1のチャンスを迎えるがここは相手GKがセーブ。

前半も中盤に差し掛かると柏FWオルンガが立て続けにガンバゴールに襲い掛かる。

17分、ゴール前でスルーパスを受け、反転してシュートを放つがこれは東口が正面でキャッチ。
23分にはガンバ左サイドからのクロスに再びオルンガに頭で合わされるが今度はクロスバーに救われる。
すると24分、ゴール中央で浮き球のスルーパスに反応したオルンガが抜け出すと、今度はこれを決められ柏に先制を許す。

ガンバもセットプレーから反撃のチャンスを伺う。
30分、右サイドからのCKのチャンスを得ると、ゴール前で三浦が合わせるもヘディングシュートは枠を捉えることができない。
38分と42分には井手口がミドルシュートでゴールを狙うも、柏のゴールを割ることはできず、1点ビハインドでハーフタイムへ。

リードする柏は後半開始から山田に代え戸嶋を投入。
ガンバは交代無しで後半スタート。

後半は立ち上がりからガンバが優勢。
48分にキムヨングォン、井手口にチャンスが訪れるがゴールとはならず。

54分、ガンバが1枚目の交代カードを切る。
井手口に代わり、遠藤がアンカーの位置へ。

さらに69分には福田に代わり渡邉がピッチへ。

遠藤を中心にリズムが生まれ、ボールが回り出すと、交代で入った渡邉に早速チャンスが訪れる。
ゴール前で放ったシュートは相手GKに弾かれるもこぼれ球に矢島が詰め強烈なシュートを放つが、これは惜しくもサイドネット。

対する柏も79分に瀬川に代え神谷を投入し、攻勢をかける。

一進一退のまま試合が推移すると83分、ガンバにこの日最大のチャンスが訪れる。
右サイドで得たCKを宇佐美が蹴ると、ゴール前で新里が頭で合わせる。
このヘディングシュートがゴールネットを揺らし、同点かと思われたが、オフサイドの判定となり幻のゴールに。

同点に追いつきたいガンバは88分に最後の交代。
新里に代わり、この日がデビューとなる山本がピッチに。

残り時間の少ない中、宇佐美を中心にゴールに迫る場面をつくるも最後まで柏ゴールを割ることが出来ずに試合終了。

今季の初戦を勝利で飾ることはできなかった。